日々、おきたニュースなどを記載しています。ドラマは日本のと海外ドラマなどがすきです。

ドラマ大好きのやじうま君

ドラマ

黒革の手帖2話の視聴率とあらすじ&ネタバレ!元同僚の波子(仲里依紗)がトラブルの原因?

投稿日:

 

第1話が好評だった武井咲さんが主演の黒革の手帖。

武井さんのホステス姿や演技が高い評価を受けています。

今年のTV朝日の夏クールのドラマでは一番評価が高いドラマみたいですよ。

 

そんな絶賛公開中のドラマ、

黒革の手帖第2話の内容についてこの記事では紹介していきます。

後々、視聴率や放送後の視聴者の感想などものせていきます。

 

黒革の手帖 第2話のあらすじ

東林銀行から横領した1億8000万円とあるリストを記載した

黒革の手帖を元手に、自身の店を持つことができました。
クラブ「カネル」をオープンさせた原口元子(武井咲)。

 

銀座の夜中を歩いていると銀行員時代の元同僚である山田波子(仲里依紗)と再会します。

元子は波子のホステス姿をみて驚き「どうしたの?」と問いかけると、
どうやら元彼が使ったカードの支払いが残っていて、
本業の収入だけでは足りなかったのでホステスの仕事をしているとのこと。

「sponsored Links」

 

 

そんな波子に元子は名刺をわたし、
何かこまったことがあったらいつでもかけてきてね。といいます。

優しすぎます、元子。

 

それからカネルがオープンしてから一か月がたとうとしているころ、
元子を尋ねに安島富夫(江口洋介)が来店します。

安島が元子を指名してきたのもある理由があったからです。

 

数日後に選挙を控えている安島でしたが、
お世話になった大臣や奥さんに迷惑をかけれないとおもい
今回は辞退しようかと元子に相談してみたところ、
元子は「選挙に出るべき!」と出るようにと後押しします。

そんな元子に元気づけられた安島だったが、
本人はとても複雑な表情をしていました。

 

はたして、なぜ安島は選挙に出るのをためらうのか・・・?

その理由が第2話でわかります。

 

 

そして、先日再開した元同僚の波子から「元子のクラブで働かせて」と連絡がはいる。

心優しい元子は困っている波子の入店を許可し、
実際にクラブで働いてもらうがそこでおもわぬトラブルが・・・。

波子は入店早々、すぐにやめてしまいます。

 

いったい、波子の身に何が起きたのか?

その詳細も第2話でわかります。

第1話の内容がよかっただけに、第2話の内容も気になりますね。

第2話の放送は7月27日、木曜日です。

 

動画で2話の確認をしたい方はこちらをどうぞ!


「Sponsored Links」



黒革の手帖2話の視聴率は?

視聴率が発表されましたらまたこちらに記載いたします。

現在、視聴率の発表待ちです。

 

黒革の手帖2話をみたネットの反応、口コミは?

2話が放送されましたら更新していきます。

それまで少々お待ちください。

 

 

 

黒革の手帳を見逃した・・!再放送がみたいと思いの方は、

こちらで現在、期間限定で放送中です。




過去放送をみることで現在放送中のストーリーもよくわかるので、

初月無料ですので試しに見てみる・・というのもオススメです。

 

-ドラマ
-, , , ,

Copyright© ドラマ大好きのやじうま君 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.